« ナイロビ | メイン | ケルン »

ラパス

 アンデスの山に取り囲まれた、ボリビアの首都ラパス(憲法上の首都はスクレ)は、世界で最高の標高にある首都です。

 ラパスは、16世紀半に金鉱を見つけ町を開拓したスペイン人により、先住民インディヘナとスペイン間の戦争を終結するという、平和を願って、「平和な聖母マリアの新都市(プエブロ・ヌエボ・デ・ヌエストラ・セニョラ・デ・ラ・パス)」と名付けられ、その後ラ・パスとなったといわれています。

 標高3600mもある高地のすり鉢状の谷に、高層ビルがそびえる市街が栄えています。市は、標高3200mから4100mと高低があります。



海外スポット、その歴史と文化の全項目一覧

アジア [22]
 エルサレム   メッカ   バラナシ   ヤンゴン   カルカッタ   重慶   シンガポール   キエフ   ニューデリー   マニラ  ....More
ヨーロッパ [24]
 バチカン   ボローニャ   プラハ   ワルシャワ   ブリュッセル   マドリード   コペンハーゲン   ロッテルダム   リスボン   ミラノ  ....More
北米 [10]
 メキシコシティ   サンアントニオ   ボストン   シウダーファレス   モントリオール   ロサンゼルス   シカゴ   ワシントン   サンフランシスコ   ニューヨーク  ....More
アフリカ [7]
 ラゴス   マラケシ   カサブランカ   ジェンネ   アルジェ   ナイロビ   カイロ  ....More
南米 [4]
 サンパウロ   ブラジリア   ラパス   リオデジャネイロ  ....More
オセアニア [3]
 オークランド   キャンベラ   シドニー  ....More
リンク集 [171]
 クレジットカード   旅行と宿のクリップ   グッドジョブ TREND LEAD   ホームシアタターを紹介 MY LIFE   ロータリー旅行   添乗員は見ていた   TSC海外旅行センター   子連れde海外!!   海外旅行紀 小市民の気弱な旅   世界地理 - おきくの勉強帖  ....More